関東風俗ニュース|東京風俗ニュースではデリヘル・ホテヘルの風俗情報を中心に風俗体験動画・風俗体験記事ブログ・風俗体験談・風俗体験漫画をご紹介しています。

  • 関東
  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 群馬
  • 栃木
  • 茨城

トップ >  ブログ >  関東 >  風俗ニュース > 

フリーワード検索
東京風俗NEWS管理人
旅行者向けに自宅を民泊用に貸し出す「Airbnb」や、自家用車をタクシーのように手配する「Uber」。そんなシェアリングエコノミーのひとつとして、旅行代理店ではなく、旅先の地元住民たちが独自のツアープランを企画、提案する「民旅」が近年、注目されている。

今回、民泊サイト「TABICA」のホストとして、実際に街歩き体験を企画する佐藤淳子さんのツアーに密着。民旅のホストってどんな仕事なの? どのくらい儲かるのか?など、気になるその実態について話を聞いてみた。

9月23日。記者が同行したのは、佐藤さんが企画する【遊郭・遊女の歴史めぐり。知れば知るほど奥深い「吉原の今昔散策」】というツアー

平日は看護師として勤務している佐藤さん。現役看護師と吉原という組み合わせはかなり意外な気もするが、実は佐藤さん「もともと古い街並みを見て歩くことが好き」という歴史マニア。民旅のホストもその延長線上で始めたという。

「平日は看護師として勤務しているので、土日祝日を使って何かできないかと思っていたところ、たまたまフェイスブックでTABICAの広告を見つけました。古跡探訪のツアーガイドのボランティアをやっていたこともあって、自分で好きなルートを選んでツアーをやってみたいと思い、今年の3月から始めました」

東京・荒川区JR南千住駅からスタートする、今回の「吉原街歩き」のルートは以下の通り。

■10:00 JR南千住駅改札口 集合
・駅前の松尾芭蕉の銅像
・延命寺
・小塚原 豊国山回向院
・小塚原刑場跡
◎隅田川貨物
◎泪橋
◎いろは商店街
◎吉原大門
◎吉原神社と吉原弁天
・鷲神社
◎浄閑寺

■13:00 日比谷線三ノ輪駅 解散
(◎は体験主要スポット)

途中で何度か休憩をはさみつつ、吉原大門や泪橋、浄閑寺などの観光スポット、およそ3kmを3時間かけてじっくり散策するというコースだ。

佐藤さん曰く、歴史ツアー成功の鍵は「事前にその土地の歴史がわかる資料を準備することが大切」だとか。

「もともと吉原や山谷の歴史に興味があったので、勉強会に参加したり、神保町の古書店でよく文献を探していました。ツアーを企画するにあたっては、ゲストの方々が当時の吉原の街並みなどをイメージしやすいよう、自分で買える範囲内で文献を購入したり、ネットで資料を探したりして用意するようにしています」

全国各地の土地の歴史や、人々の暮らしの痕跡を探るテレビ番組『ブラタモリ』(NHK)や、訪日外国人観光客の増加などの影響もあり、昨今、歴史ツアーの需要は高い。では、ホストである佐藤さんの収入はどれくらいなのか?

「ツアーは大人も子供もお一人様2500円の料金で、1回のツアーにつき私の収入は1万円弱。1か月で平均3、4回ツアーをした場合、収入は3万〜4万円になりますかね」

決して高額ではないが、佐藤さんは「私としては、お客様とのコミュニケーションが何よりも楽しく、お金に変えられない価値があると思っています」と述べる。

確かに名城探訪や農業体験、アート探訪など民旅の内容はホストによってさまざま。ツアーの目的も佐藤さんのように「お客様や地元住民とのコミュニケーションに重きを置く」など多種多様なのだ。

もちろん、ホストのなかには1か月10万円以上を稼ぐ者もいる。
まさに本人の目的とやる気次第の「民旅」ビジネス
シェアリングエコノミーが今度発展していくなか、サイドビジネスとしてもまだまだ今後、成長の余地があるといえよう。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171004-00151849-hbolz-bus_all
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 東京都
業種タグ: 料亭
地域詳細タグ: 吉原/浅草
街中娘の秘密の素顔。。営業
横浜ミクシーグループ_営業
東京風俗NEWS管理人
事実上の倒産が発覚したジャパンライフ。
高額契約に不安を抱いた高齢者らの話からは、手厚い“接待”で心をつかんでいく手法が浮かび上がってくる。

「山に行こう」。
愛知県の80代女性は約7年前、友人からそう誘われ、ジャパンライフの代理店に連れていかれたという。

店では「腰がよくなる」などと言われて磁気ベルトなどを体験。
その後、女性宅を訪れるようになった担当者から、「商品を購入してレンタルすれば、預貯金より利率がいい」「レンタルユーザーが殺到している」などと勧誘を受けるようになった。
「相続税対策にもなる」などとも言われた女性は平成22〜27年ごろにかけて30回以上契約し、計1億円以上を支払った。

ジャパンライフの担当者が自宅を訪問していることや、女性が多数の契約を交わしていることに同居の孫が気づき、弁護士に相談。
この女性は返金を受けることができた。

「ジャパンライフ被害対策中部弁護団」には、こうしたジャパンライフとの契約に関する相談が多数寄せられている。
相談に来るのは70〜80代が中心で、勧誘される商品の多くは100万〜600万円と高額だ。高齢者らは店でマッサージを受けたり、温泉施設に集められて舞台鑑賞をさせられたりする中で心を許し、契約を交わすケースも多いとされる。http://www.sankei.com/affairs/news/171226/afr1712260044-n1.html
カテゴリー : 風俗ニュース
私のあしながおじさん 営業用
ミネラル
東京風俗NEWS管理人
深夜に無許可で客に飲食させ、ダンスをさせた罪で、今、全国で警察によるクラブの摘発が相次いでいる。

罪状は風営法違反。風営法では、客にダンスをさせ、飲食させる営業(=風俗営業)をするならば公安委員会に許可をとらなければならない。だが許可を取ると、午前0時(繁華街では午前1時)までしか営業してはならない。つまり、現在深夜に営業しているクラブのほとんどが無許可営業ということになる。

今まで“グレーゾーン”の中で営業してきたクラブに、突然メスを入れ始めた警察。だが、その流れはクラブだけにとどまらないだろうと、風俗事情に詳しいライターの松沢呉一氏は語る。

「今後はライブハウスに拡大するでしょうね。ライブハウスは単なる飲食店ではなくて、興行場法の規制を受けます。しかし、現実には一部の大きなライブハウスが興行場の届けを出しているだけで、あとは飲食店の届けだけでやっています。興行場法は保健所の管轄なので、すぐに締めつけが強まることはないでしょうけど、興行場法と風営法はまったく別の法律ですから、興行場の届けを出していても、踊らせたと見なされれば風営法違反になる。腕を上げるだけならいいとしても、クラブ同様の営業をしている場合はアウトでしょう」

クラブ同様の営業をしているライブハウスとはどういったものか。今年4月に摘発された大阪・キタ(梅田)にあるクラブ『NOON』の経営者・金光正年氏が語る。

「9月の頭に大阪のライブハウス・Y店に警察の立ち入りがあって“風俗営業である”との注意を受けてます。Y店はライブハウスの看板を掲げてはいますが、昔からDJを呼んで深夜のイベントを開催する店舗として有名でした。限りなくグレーな営業形態ですが、そういった店へのガサ入れが大阪では実際に始まっている。風営法による規制は、もはや“クラブ狩り”なんていうレベルの話じゃないということです」(前出・金光氏)

注意を受けたY店は現在、深夜営業を停止中だという。客を踊らせるような営業をするのであれば、風俗営業の許可を取ればいいと考えてしまうが、実はこのライセンスは取得がかなり難しいのだ。

「一番のネックは店の大きさ。風営法だと一室66?以上の床面積がないと許可が下りないから、渋谷あたりの小さいライブハウスやクラブは、ほとんど飲食店の許可で営業せざるを得ない。これがガチガチに取り締まられるとなったら、ほとんどの店は営業停止に追い込まれるんじゃないか……」(渋谷駅近くのライブハウス店長)

風営法そのものが実態と乖離(かいり)しているために、世の中のあらゆる業態の店舗が、風営法の物差しで見るとグレーゾーンに置かれているというのが現状だ。極端な例でいうと、スナックのママが客にカラオケを勧めるのも、客の歌に合わせて手拍子するのも違法行為として摘発されてしまいかねない。

「今後、規制強化の流れはますます強くなる。結局、クラブの件も性風俗店の摘発と同じ流れだと思うんです。04年の歌舞伎町浄化作戦からすべてが始まっている。最初は性風俗店だけを取り締まっていたのが、世間の後押しもあってどんどん拡大した。最近では、ガールズバーやガールズ居酒屋の摘発が頻発してるし、7月には新宿2丁目最大のゲイバーも摘発されました。江ノ島では、海の家に警察が『客を踊らせるな』と警告したという、ウソのような話もある。今、性風俗から飲食店まで、ジャンルを問わず風営法違反が適用される、“暴走”が起きているんです」(前出・松沢氏)

風俗営業をしているつもりがなくても、客を踊らせるような営業をした瞬間に、そこは風俗店とみなされる――。例えば、秋葉原によくあるような、アイドルのライブが行なわれている小バコ。店側が風俗営業の許可を取っていなければ、ファンが“オタ芸”を切れ味鋭く披露した瞬間、そこは風俗営業店と見なされ、規制の対象になってしまう恐れがあるのだ。クラブの摘発は、もはや対岸の火事ではない。
http://news.livedoor.com/article/detail/7025775/
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 東京都 関東
地域詳細タグ: 歌舞伎町/新宿
フェチさんサンバ
若妻エスコートクラブHips越谷本店
東京風俗NEWS管理人
銀座の古き良き夜文化を支え、今も多くのファンを持つ名キャバレー「白いばら」が2018年1月10日に閉店することになりました。理由は「老朽化」としています。

昭和6年(1931年)創業の白いばらは、毎日、約100人のフロアレディと生バンドによる音楽ライブや、プロのダンスショーが楽しめる大人の社交場。
全国各地出身の女性たちがお国言葉で語りかけてくれるのも魅力で、しかも銀座としては非常にリーズナブルな価格で今に至るまで大人気を博してきました。

「当店のピークはバブルの前の高度経済成長期でした。今も経営は順調で、一番にぎわう12月は1日に300人のお客さまが来店します。現在、ホステスは220人が在籍し、うち100人が出勤。お客さまから“何でやめるの?”と聞かれますが、理由は老朽化としか言いようがありません。リニューアルではなく、完全閉店です。女性を含めて従業員が今後どうするのかは分かりません」

女性220人のうち7割以上が20代と30代。
客単価は2時間で1万5000円だ。閉店まで派手なイベントはせず、通常の営業を続けるそうだが、銀座の名店が消えるとは寂しいかぎりだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000067-it_nlab-life
カテゴリー : 風俗ニュース
池袋人妻アデージョ
ミリオンガールズ
東京風俗NEWS管理人
小池都政が始動して、まだ目に見えた変化はないが、小池百合子都知事(64)の手腕に期待する声は大きい。しかし、2020年東京五輪・パラリンピックが控えていることや、クリーンなイメージを大事にする女性知事ということで、「風俗街の浄化が進むのではないか」と危惧する人もいる
初の女性都知事は、風俗街をどうする気なのだろうか? 識者の声を聞くと意外な予測が――。

リオ五輪が盛り上がりを見せると同時に、4年後に迫った東京五輪・パラリンピックに向かって様々なことが動きだしている。なかでも注視されるのが風俗街の浄化だ。

過去、石原慎太郎元都知事(83)が歌舞伎町浄化作戦を展開したことを記憶している読者も多いだろう。
大きな国際的イベントが行われる地域では、歓楽街に何らかの規制が敷かれるのが常だ。風俗情報誌「俺の旅」(ミリオン出版)の生駒明編集長も気をもむ一人だ。

「危機感はありますよ。女性の政治家は特に風俗に厳しい人が多い。
風俗規制はクリーンなイメージにつながり、支持者の受けもいいのでしょう。
東京五輪を控えていることを考えてみても、風俗業界としてはある程度の浄化は覚悟せざるを得ないと思います」

しかし、小池氏ならそこまでやりすぎないのではないかと思わせる点もある。よくいる女性政治家とは、ちょいと違うというのだ。

その根拠の一つは、小池氏がカジノに前向きな点だ。
舛添要一前都知事(67)はカジノの東京誘致に否定的だったとみられるが、小池氏は都知事選最中に行った本紙のインタビューで「インバウンド(訪日外国人)を呼び込むためにはIR(カジノを含む統合型リゾート)はありだと思っています。私は否定的ではありません」と答えていた。
知事就任後に受けたマスコミ各社のインタビューでもカジノ誘致に乗り出す構えを見せている。

「ギャンブルに風俗はつきものです。切っても切り離せないんですよ」(生駒氏)

カジノはOKなのに、風俗はNGということはないだろうと期待しているわけだ。

また、小池氏はかつて「トルコ風呂」の名称を「ソープランド」に変えることに尽力したとも伝えられている

「まだ政治家になってないころの話ですよね。そのときだって名前を変えようとしただけで、ソープという仕事を潰そうとはしていない。本音はともかく、風俗の必要性はわかっているのだと思います」(同)

まだある。小池氏が衆院議員時代に地盤としていたのは池袋を含む東京10区だ。

「池袋にはたくさんの風俗店があります。ここを浄化してしまったら、NK流を壊滅してしまった西川口(埼玉県)のように街から活気が失われてしまう。これまでずっと地元の風俗を黙認してきたのだから、なくそうとはしないでしょう」(同)

もちろんぼったくり風俗など悪徳業者を取り締まることに、利用者も異存はない。

風俗が男性にとっても女性にとってもセーフティーネットになっている側面はあります。そこを浄化するようでは弱者に優しいとはいえません。小池氏にはこれまでの女性政治家とはひと味違うところを見せてほしいですね。業界の本音としては、そっとしておいてほしいというところでしょうか」(同)https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/581444/
カテゴリー : 風俗ニュース
AXフェチクラブ青山営業
池袋人妻アデージョ
東京風俗NEWS管理人
「僕達が現役だった2000年代初頭って、今ほど学歴社会ではなかったんですよ。高卒や高校中退の人もたくさんいましたし、そういう若者が一攫千金を狙ってホストになるために歌舞伎町に出てきていました。当時はメディアで、ホスト特集が組まれるほど人気でしたし、一晩でウン千万稼ぐとか、札束で作ったネックレスとか『歌舞伎町ドリーム』がありましたからね」

若者が水商売をすぐに辞めてしまう理由について、Y氏はこう語る。

「ホストブームが過ぎたというのもあるんでしょうけど、今は現実的な考えをする子が非常に多いです。大変な思いをして博打を打って大金を稼ぐよりも、そこそこ楽に稼いで就職すればいい、という考えなので長続きしません。
僕達の時代に比べると、明らかに仕事に対しての熱意は低いですね。
あとは一昔前のダークなイメージが強いのか、若い人自体が集まりにくいですね。
求人と明らかに違う日給だったり、吐くまで飲まされるとか、先輩ホストによるイジメとか。今はそんなことしたら、すぐSNSで拡散されてしまいますから(笑)。そうならないように、こちらも働きやすい環境を作っていますけどね。
営業中のスーツをやめて私服にしたり、条件が揃えば日給1万円出すこともあります。
それでも人が足りないので、ホストの給料は昔に比べて大分上がりました。
また、店の情報をSNS等で流さないという契約書も書かせるようにしています。昔、業務態度を何度注意しても改善しないホストをクビにしたら、個人サイトで店の裏情報を公開されたことがありましたね。
掲示板などと違い個人サイトは削除依頼ができないので、潜在的ですがかなりダメージを受けました」

ホストの高齢化によって、将来のホストクラブはこう変わるとY氏は考察する。

「今の私服などのカジュアルさはなくなり、昔のスーツ時代へ回帰してゆくと思います。
キャリアの長い人員が増えて、ホストのプロ化が進むと思いますね。
店舗数が多いだけの大手グループは減ってゆき、ホストの質を重視した店だけ残るので、老舗店が増えると思います」

高齢化が進んでいるのはホストだけではない。キャバクラ嬢の高齢化について、関係者はこう話す。

「歌舞伎町、六本木、大阪のミナミといった都市部以外では、若いキャバ嬢が入店せず深刻な人手不足に陥っています。以前は大勢いた女子大生のアルバイトも、日テレ女子アナウンサーの内定取り消し騒動や、就職先にマイナンバーで学生時代のアルバイトがバレるんではないか? という噂もあり、働いていた子達も含め一気にいなくなりましたね。最近面接に来る子は、シングルマザーや少し年配の人ばかりで、キャバクラを閉めて、熟女キャバクラにする店も多いです。
最近は手軽な派遣キャバ嬢が増えていますが、本職キャバ嬢がいなくなったら、店は潰れますからね。五輪に向けた風営法改正で、昔よりもオープンするのが難しいと言われていますし、このままでは将来、地方都市からキャバクラは消えるのでは、という声もあります」

数年前まで「女子高生のなりたい職業ランキング」で上位にランクインしていたキャバ嬢。2017年版は公務員、看護師、保育士などの安定した職業が人気で、キャバ嬢はランク外だった。これも、現実的な考えを持つ若者達が増えた時代の流れなのだろうか。
https://nikkan-spa.jp/1392922
カテゴリー : 風俗ニュース
小岩デリヘルキャンキャン☆CanCan
ミリオンガールズ