神奈川県厚木/本厚木|東京風俗ニュースではデリヘル・ホテヘルの風俗情報を中心に風俗体験動画・風俗体験記事ブログ・風俗体験談・風俗体験漫画をご紹介しています。

  • 関東
  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 群馬
  • 栃木
  • 茨城

トップ >  ブログ  > 神奈川県 > 厚木/本厚木

フリーワード検索
東京風俗NEWS管理人
昨年5月に神奈川県厚木市のアパートから幼児の白骨遺体が見つかった事件で、10月22日、殺人罪に問われた父親・齋藤幸裕(37)に懲役19年の判決が下された。
事件は、家出した母親に代って3歳の一人息子・理玖君の世話をしていた齋藤が、しだいに育児をなおざりにし、食事の回数を減らして餓死させたという陰惨極まりないものだった。さらに齋藤は、遺体発見を怖れて、部屋の家賃を7年間も払い続けていた。
当時、彼女が勤めていた職場を割り出した。それは風俗店だった。そしてその店長と同僚風俗嬢に話を聞いてまわった。
彼女はトラブルメーカーだったという。当時の店長が語る。
「あいつ、シャワー後に客と個室に入ると、しばらくして壁を叩いて『客に本番やられた!』って騒ぎ出すんです。店長の俺としては、従業員を信じて客を追い出すしかないですよね。でも、ほとんどが嘘なんです。本番されたって嘘つけば、客にサービスをせずに五分で終って金だけもらえるでしょ。それが目的なんです」
そして問題の家出の日の「西新宿の自殺を図ろうとした同僚」についてはこう言う。
「そんな子いないっすよ。新宿から一時間かけて本厚木まで働きに来るわけないじゃないですか。新宿の方がずっと儲かります。うちで働くのはこの近辺の子ばっかです」
その店からは突然「バックレた」。その時期は、家出の時期と一致する。この時、何らかの差し迫った状況に彼女は置かれたのであろう。
https://www.dailyshincho.jp/article/2015/12280733/?all=1

カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
東京風俗NEWS
東京風俗NEWS管理人
国立感染症研究所は今年3月26日までの梅毒の感染者が1000人を超え、平成11年以降、最速で増加していると発表しました。

では、なぜ眼科医が性感染症である梅毒を話題にするのでしょうか。

目へのとばっちり、つまり、視神経炎やぶどう膜炎の原因になるからです。


通常の性行動で、いきなり目に感染することはまずありません。ですが、初期感染(第1期)の症状が消えてから1〜3か月後あたりの第2期や、さらに長い時間を経てじわりと広がる第3期以降に発症することがあるのです。

過去40余年の眼科診療の中で、教科書にあるような激しい梅毒性ぶどう膜炎の症例はまだ見たことはありません。ただ、原因不明の難治な 虹彩毛様体炎こうさいもうようたいえん (前部ぶどう膜炎)の原因が、結局梅毒性だった例は何度か経験しました。

一方、ここ10年の間に、私どもの神経眼科外来で発見した梅毒性視神経炎は5例を超えています。それまでの30年間に2、3例しか経験しませんでしたから、頻度が上昇していることは体験的にも確かです。

大半は両眼の視力が著しく低下し、眼底検査では視神経乳頭が白く萎縮してしまった状態、つまり失明に近い状態で見つかります。

しかし、医者が視神経の様子を見て、梅毒が原因だと即座にわかるわけではありません。視神経萎縮になる原因はたくさんあるからです。

患者さんも、もちろん原因が梅毒だとは、夢にも思っていません。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170524-OYTET50018/
カテゴリー : 風俗ニュース
一発風俗SEOちゃんねる
東京風俗NEWS